Cayman, that's the real Porsche.


by caymania
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

久々の投稿。


 図書館でケイマンとボクスターの本を借りてきた。


 ケイマンの、特にテックアートとか、ルーフとか
改造したバージョンって、本当にきれいでカッコいい。

 ポルシェのあのルーフ(屋根)の形の美しさから
入った僕は、いつかポルシェのクーペ、そしてデカい羽根
背負いたい(笑)って夢があるんだよね。

 形としては、911よりケイマン、走りバージョンの方が
好き。
 911がケイマンくらいのサイズになり、ケイマンがさらに
ダウンサイジングされると僕の理想によりフィットするんだけどね。

 というわけで、今もケイマンの形はとても好きだし、
サンルーフかタルガで戦闘的なケイマン、出ないかなあと
常に思っている。


 
[PR]
# by caymania | 2008-07-27 08:33 | struggle

leave it, someday it will come.


 ほとんど放置のこのページだが…
 
 やっぱクルマってのが一般人が所有できる中で
もっともクールでエキサイティングなモノだよね。
 プライベートジェットとかも欲しいけど、ムリだからね(笑)。

 このブログの写真見てると、やっぱりカッコいいクルマはカッコええなあ、と思う。
[PR]
# by caymania | 2007-07-28 07:40

cayman avec BBS LM-R BP

e0022363_21481066.jpg


 やっぱ黒か!?

 そしてBBSホイールブラック塗装+シャコタンだったら、無敵だよなぁ…
 BPは「ブラック ポリッシュ」の略だそう。

 これカッコいいよなぁ。
 フェラーリに負けてないほどカッコいいぞ。
[PR]
# by caymania | 2007-04-27 21:48 | struggle

orenge days


最近、オレンジもいいなって気分。
e0022363_15513161.jpg

 ド派手に、レーシーに。
[PR]
# by caymania | 2007-03-04 15:51

exclusive and so on.


 ポルシェにデカい羽根つけるのがひそかな夢の僕だが、
海外サイトではついにケイマンの羽根付き画像が!
e0022363_2163988.jpg


e0022363_2165245.jpg

 ポルシェのインテリアのひそかな弱点(安っぽい)だと思っている、
センターのグローブボックスもこんなゴージャスなワニ革が!!
 
 僕はダーウィンのワニ園へ行ったことがあり、ワニ見るとそのときのこと
思い出してなつかしいんだよね。

e0022363_2172527.jpg

 赤いステッチいいね。
 この場合、シートベルトも赤かな。

e0022363_2173772.jpg

 こういう戦闘的なシートもいいね。

 あとはスライディングルーフだな。
[PR]
# by caymania | 2007-02-03 21:07 | gallery

memo

        オプションコード  販売価格
Cayman             ¥ 6,330,000

エクステリアカラー
ブラック        A1     ¥ 0

インテリアカラー
ブラック         AM      ¥ 0

エクステリア
バイキセノンヘッドライト P74   ¥ 165,000

モデル名エンブレム無し 498   ¥ 0

リアウィンドワイパー    425   ¥ 60,000

ホイール
17インチ ケイマンホイール 398  ¥ 0

インテリア
シートベルト·シルバーグレー XSH   ¥ 40,000

オーディオ/コミュニケーション
BOSEサラウンドサウンドシステム(デジタル) 680 ¥ 125,000



車両 6330000円
OP  390000円
 
合計 6720000円




 いや、買ってないッスよ。
新春、初夢企画で、いくらくらいになるのか、計算してみただけ。
 ¥0 の項目が多いなぁ、さすがオレ(爆)。

 こうすれば、7にいかずに済むのかぁ。
あとは税金とか、手数料?! 値引きはあるのかなぁ~。
今みたいに絶好調だと、ないかなぁ。前のを買った02年ころは、
そこまで好調じゃなかったから、けっこう引いてくれたんだけどねぇ。

 
 でも買うならとりあえずカロマットとホイール・キャリパー塗装は
最初からやりたいので、なんだかんだで7は突破しちゃうのかな。


 やっぱり高いなぁ…


 それに、スライディングルーフと、カラーシートベルトに青の
設定がないのは、やっぱりイタイなぁ。
 とりあえずそれまでは待ちだよなぁ。

 乗り換えるなら、妥協は一切したくないもんねぇ。
 結婚するのに、「とりあえずこいつでいっか」じゃしないよねぇ。
「お前しかいないっ!! 世界で一番!!」ってテンションじゃないとダメだよね。
[PR]
# by caymania | 2007-01-06 13:53 | struggle

dream car?!



 ケイマンにつけたい社外パーツ。




 モモ・スパイダー。ずっとずっとあこがれ。
イメージは、近代F1マシンのステアリング。エアバッグの処理など
問題は多いが…
e0022363_2354668.jpg


 レカロ・SP-GⅢ。
 価格とレーシーさのバランス点。バケットってかえってつかれないんだよね。
ケイマンはどうせシート倒せないので、こういうのがカッコいいかも。
e0022363_236497.jpg


 BBS・RE。
 BBSはやっぱあこがれだよなぁ。エレガントでありながら
コンペティションの雰囲気があるっていうのはこれしかない。
e0022363_2363015.jpg


 テックアートの羽根。
 僕にはポルシェにデカい羽根背負わせたいって夢がずっとある。
ケイマンには、いつまでたっても純正のデカ羽根が登場しない。
 テックアートのこの羽根はデザイン的にはドンピシャ。
e0022363_2365089.jpg


 そして僕の定番・カロマット・シザル。
 モノトーンで室内をキめたい。
e0022363_2374100.jpg


 
 こういったパーツでキめた、走りのケイマン、仕上げられたら
カッコいいなぁ。
[PR]
# by caymania | 2007-01-02 23:14

2006年。



 
e0022363_17221298.jpg


 2006年は本命とも言うべきケイマン2.7がデビューした
一年であった。

 これで、3.4のケイマンSとケイマン2.7というラインナップだ。
 
 僕のひそかな本命ともいうべきケイマンCSはまだうわさの域を
出ない。

 
 ほとんど更新しないブログであったが、一歩ずつでも
ケイマンに近づけていけたらいいな。


 もしも、今ケイマンを注文するのであれば、色はソリッドの黒。
 OPは、キセノンヘッド、Rワイパー、カラーシートベルト、BOSE
あたりか?!
 今の気持ちではPASMやナビ、デカいOPホイールは必要ないと
考えているが…

 
 社外でバケットシートやウイング入れて、バリバリ走り仕様にしたいって
願望があるけど、純正をイジるのはかなり勇気(とお金)がいるかな。


 さて、2007年は、ケイマン関係ではどんなニュースが出るのかな。
 ケイマンデビューからもう3年目なので、そろそろマイチェンなどの情報も
出てくるのかな。
[PR]
# by caymania | 2006-12-30 17:23 | gallery

so beautiful


 クリストフォーラスより

e0022363_20574678.jpg


e0022363_20575254.jpg


e0022363_20575713.jpg


e0022363_2058394.jpg


 ケイマンってカッコいいと美しいが最高のバランスで合体した
パーフェクトなカタチしていると思う。

 僕が2006年に「カッコいいクルマ」と聞いて想像するそのままの
カタチをしている。

 ここまで完ぺきなカタチだと、すべてノーマルのままで
美術館かなにかに飾っておきたい気持ちになる。


 美術館に飾るのであれば、色はシルバーがいいなx。

 でも現実には、買うのであれば年間1万キロ乗るだろうし、
街中走るのであれば色はシルバーではなく黒だろうな。
[PR]
# by caymania | 2006-12-11 21:00 | gallery

impressive Porsches


 クルマ好きなら、好きなポルシェというのがあると思うが、
僕にとってその中の1台がシュパンポルシェ・962CRだ。


e0022363_1750015.jpg



 今はカレラGTやエンツォなど、公道を走れるレーシングカー的
モデルがあるが、当時はまんまレーシングカーなシュパンに
ものすごく衝撃を受けた。

 
 こち亀では、中川がフェラーリ、麗子がポルシェという
イメージがあるのだが、その麗子の駆るポルシェの中で
一、ニを争うくらい「似合うなぁ」と思ったのが80巻で登場する
黒のシュパン962。
[PR]
# by caymania | 2006-12-03 17:53 | history

Oh, my darling...

e0022363_21393681.jpg


 本邦初公開のうちの彼女さんです。

 (と言えたら、ドンナニイイカ…)


 

 某氏から情報提供がありました。
 われらのアイドル、吉田由美サマがクルマを買い換えられたそうです。
 吉田由美サマは、そのお姉さまなルックス、服のセンス、親しみの持てる
文章、そして名前が左右対称なところがとても魅力的です。

 以前は、メルセデスのスポーツクーペという微妙なクルマを
愛車にしていらっしゃいました。
 東京モーターショーで、ケイマンにやたら熱視線だったという
記事を見たことがあったのですが、なんと本当に買われたそうです。


 てか、吉田由美が白のケイマンに乗ってるってマジヤバいっす!!!


 そんな人、うちの支社に異動してきたら、人生捨てて猛烈アタックするッス!!
 (てか、ありえんな…)



 写真で見ると、右ハンみたいですね。
 TIPかMTかは不明だけど、右ハンMTの納期はかなりかかるようなので
TIPかなぁ。Sか2.7も触れられてないけど、この写真だと判別不能だよね。
 前に写ってるのはGクラスかな。

 吉田由美さんのブログ読んでると、誕生日にも家にいたとか、
ケイマンもだれも買ってくれないから自分で買ったとか、妙にファン心理を
くすぐる文章が多くて、「オレが買ってやるよ!!」って内心ムラムラッと
きてる人、全国に何万人もいるんじゃないかなぁ。


 なんとかポルシェつながりで一度お会いしてみたいです。
[PR]
# by caymania | 2006-11-11 21:45 | gallery

 3シリーズを運転したとき、いろいろと考えた。


 僕にとっては、BMWってのは、初恋の人じゃないけど、
初めて付き合った人みたいなモンだ。


 運転してると、いろいろなことを思い出す。
 徳大寺氏が「BMWを運転していると陶然とする瞬間がある」
とよく書いていたが、僕も陶然としてしまう瞬間がある。

 
 走りの良さはポルシェの方がはるかに上だが、BMWは
それだけじゃない余裕というか、気分が良くなる何かがある。


 人生全てをささげるならポルシェ、だが
おしゃれな服着て、仕事バリバリして、きれいな妻、
賢い子どもがいて、という人生なら相棒はBMWだな。

 走っていて、気分がいいんだよね。
 オレも人生の成功者(勝ち組じゃなくて、成功者ね)だなぁ、って
気分になれる。


 んで、E90の320をあらためて調べてみたら、
6MTがあるじゃん。
 それでいて、お値段は400万をきっている。

 ボクスターをケイマンに買い換える追い金で
3シリーズ買えるのかぁ。


 これって ボクスターをケイマンにかえる追い金で
ボクスターをBMW・3シリーズにかえられる、
ではなくて、追い金だけで、3シリーズが買えるんだからね!!


 そう考えると、ボクスターをケイマンにかえるという選択に、
そこまでの魅力があるかというと…


 ケイマンに、GT3的モデルが出て、「もうお前しかいない!」って
恋は盲目状態になっちゃったらまた違うんだけどねぇ。

 「恋はするものじゃなくて、そこにあるもの」だと思うんだけど、
僕はまだすべてを捨てて走れるほどは、恋に落ちてないんだよなぁ。





 
[PR]
# by caymania | 2006-10-28 21:07 | struggle

first drive

 1. Oct 2006


 ケイマン初試乗!
 2.7、MT、17インチホイール、PASMなしというまさに、僕好みの仕様。

e0022363_2223306.jpg


 
 僕が、雑誌の記事や知人のインプレッション、987のATに試乗したときの
経験から持っていた素のケイマンに対するイメージをいい意味で
裏切ってくれるものだった。



 イグニッションオンでブホォンとエンジンがかかる様子は
迫力があるが、ちょっと演出過剰かな、と感じないでもない。
 座ったときに、ステアリング、シフトノブ、アクセル、ブレーキが
ぴたっとあるべきところにあるのは、今の僕のボクスターとまったく
同じ。目を閉じたら、同じクルマかと思うほど、同じ感触だ。


 5MTは、スコッとした感じの僕の中期型986と違い、
ゴリッとしたしっかりとした感触があって、なかなかいい感じだ。


 トランクやルーフ内張りの切り方、後ろの荷物置き場の
デザインは素晴らしくセンスがいいと思う。
 リアのハッチをあけたときの眺めは、スターウォーズに出てくる宇宙船
のようにカッコいい。


 ステアリングは握りが細く、切るとき必要な力量も小さくなっている気がする。
 それが新しい感じがする。


 レクサスのあとだと、内装はいかにも安っぽい。
 ルーフ内張りとか荷室にあれだけ素晴らしいデザインができるのに、
どうしてドア内張りやダッシュボードがあんなに安っぽくてカッコ悪いんだろう。
 オーディオの音は、レビンソンと比べると量販店のラジカセ並みに感じた。

 インジケーターレバーやワイパーの操作レバーの安っぽさ、
ふにゃふにゃで1つだけ操作しようとしたのに2ついっちゃうような
感じは、思わず笑っちゃうほど。150万の国産車でももっとマシなような。
 ふにゃふにゃのレバーのせいで、ソフトタッチのウィンカーも
まったく意味がなく感じた。

 
 最も大切な走った感じだが、僕の2.7と明らかに共通点があるのだが、
心持ちトルクがあり、エンジンの切れが多少悪い気がした。
 だが、まだ走行500キロのド新車だったため、もうちょっと走ると
エンジンの切れは鋭くなっていくかもしれない。
 エンジン音は、排気音が目立つようになり、機械音は減少したように
思ったが、十分刺激的だった。
 ボディの剛性が上がった感じがあり、エンジンのトルクが上がったように
感じることもあり、運転していて確実によりラクに、より速く走れるように
なっていると感じた。僕の2.7と似ているのだが、でも確実に進歩している。
 そして、その点で新しさもきちんと感じさせている。

 今回は、ある程度自由に試乗させてもらえて、
いろんなことが分かった。必要なオプションもいろいろ分かった(爆)。

 やはりリアワイパーは欲しいね。
 雨粒がついたとき、幌のビニール窓ならあきらめがつくが
ガラス窓はバサッとふき取ってやりたい。

 
 乗ってみて、やはりボクスターを買い換えるときは
ケイマンしかないな、という気持ちがした。
[PR]
# by caymania | 2006-10-01 22:22 | struggle

What a wing!!



e0022363_21415119.jpg



Soooooo Cooooool!!!!!


 僕の夢は、ケイマンにデカい羽根背負わせることだが、
こんなスタイリッシュなウイングだったらとってもいいね!

 ケイマン乗るなら、やっぱ走りに徹したモデルにして一般道を走り、
赤坂シナモンをきどりたい。


 カラーは黒がいいな、と相変わらず思っているのだが、
白もいいよね。でも高貴すぎて、僕には似合わないかなぁ。
[PR]
# by caymania | 2006-09-27 21:42 | gallery

流行のきざし



 ガヤルド。

 
e0022363_19521474.jpg


 これはひそかに僕が次期車両でやろうと思っている
オールブラック!!

 やっぱカッコいいね!!
 

 ちなみに、中は黒×白を考えているのだが、このガヤルドは中もまさに
その配色!

 イタリアンなセンス、おしゃれすぎ!
 先を越された!!
[PR]
# by caymania | 2006-09-23 19:53 | gallery

デジャブ ~既視感~


 次買うポルシェはホイールペイントを考えている。

 直接のきっかけは、JUNさん、kazuさんのポルシェで
ホイールペイントを見たからだ。
 おぉ、こんなとこ塗っていいのか?! カッコいいじゃん!!

 よおーし、オレはホイール真っ黒にして、スクープフォトの
偽装車みたいにするぞ~。

 だが、なんとなくそれってデジャブな感じがあった。

 その答えは、実家で見つけたこの本にあった。

e0022363_215586.jpg

 中学生のときにおこづかいはたいてゲットしたこの本。


e0022363_2155175.jpg

 それによると、伝説の959、日本上陸第1号はこれだ!



e0022363_21552635.jpg

 ホイールも真っ黒で戦闘的な雰囲気。

e0022363_21553437.jpg

 ホイールも真っ黒にしたい、と思ったとき、僕の深層心理のどこかに
子どものころ、穴が開くほど見つめたこの写真があったかもしれない。


 959の200台生産されたうちの194台がコンフォート仕様で
6台がシュポルト仕様とか、予約金が5万DM(ドイツマルク)だとか、
こういう神話の域に達するクルマの現世的な話を読むと、なんかこう
ゾクゾクっとして気持ちが盛り上がってくる。


 まさに、スーパーポルシェだよね。
 僕にとっては、当時、カレラGT以上のインパクトがあったと思う。




 そして最近の上品になってしまったゲンロクでは見られない、
こんなショット。

e0022363_21554185.jpg

1991年 GENROQ8月臨時増刊 EMO.1 ポルシェ959を追え!!



 最近は、むしろUCGが「いい女とクルマ」をテーマに暴走ぎみな
気がする(笑)。
[PR]
# by caymania | 2006-08-15 21:57 | history

cayman that's the one


e0022363_20323279.jpg

It's so cool.
Beyond the description.


 これは、こち亀の左近寺だったら、思わず


 「キくぜ」


 と言ってしまう魅力だよなぁ…


 僕としては、今のボクスター(986)を、クラシックカーまで乗るってのが
一番いいかな、と思っているのだが、こういう今の時代の気分と自分の好みを
クルマに反映させたモデルに乗りたい! っていう欲求もあるんだよね。

 そして、今だと、ケイマン2.7がそれかな、と。


 ただ、現状だと、
 
 「うおおぉぉ、お前しかいない。お前と一緒になれないなら死ぬ!」

 というとこまではいっておらず、
 
 「うーん、結婚するなら、まあこのコかなぁ」

 レベルまでしか達していない。超絶魅力的で、アタマふっとぶような
追加モデルに期待したい。
 
 :ケイマン・タルガ、さらに下のレインジのケイマン2.3?、
  軽量化されたケイマンCSなど
[PR]
# by caymania | 2006-08-11 20:33 | struggle

ju52



e0022363_21541287.jpg

[PR]
# by caymania | 2006-07-24 21:59 | gallery

  
 絶対許せん! と初めて見た瞬間に思った997/987世代の
インテリア。

 中でも許せなかったのが、モダンデザインの極地で
超クールだった986のドアデザインを捨て、てかデザイン自体を放棄
したかのようなドア部と、FFセダンちっくなセンターコンソール。


 だが、こともあろうに、大嫌いだったドア部のデザインが
このごろ「シンプルでいいじゃん」っていう気がしてきた。

 また、センターコンソールも、デザイン自体はいまでも
スポーツカーらしくないと思っているが、あの質感がなんともいえず
いい感じに思えてきてしまった。


 嫌いだったところから好きになっていくって、人の心って
分からないなぁ。



 今はケイマン、今まで嫌いだったところもだんだん好きになってきてるので
僕好みの追加モデルが出たら、ホント、本気で欲しくなっちゃうかも。


 具体的には、いっそうの価格引き下げとなんらかの形での
屋根開きは絶対必要。


 でも、1年以上待たなくちゃいけなかったり、
ディーラーが普通の勤め人を露骨に蔑視するような異常な状況のうちは、
どんなに魅力的なモデルが登場しても、買いたくないけどね。
[PR]
# by caymania | 2006-07-20 21:47 | struggle

hot fashion  ~流行過多~


 
 僕がクルマを買うときってのは、結婚と同じテンションが求められる。

 
 結婚するときに「今は好きだけど、3年くらいしたら別れようっと」って
(普通は)思わないでしょ?



 僕の場合、少なくともクルマ買うときには


 「うおおおーー、お前しかいない! 一生一緒にいよう!!!!」


 というテンションになる。




 ケイマンは、気が狂うくらいカッコいいのだが、
モード系というか、今の時代をうつしすぎているのが
ちょっと気になっている。

 今は最高にカッコいいが、一生付き合うには
ちょっとダサくてあまり話題になってないくらいの方がいいかも、
というこのフクザツな心境(笑)。



 しばらくたってからは「アレ、こんなモデルあったんだ」
くらいの方が愛着が持てるかも。


 となると、ケイマン2.3、しかも日本じゃ不人気確実のタルガが
僕の狙うど真ん中モデルなんだよね。
 逆に言うと、それが出なかったら別に今のでいいや~、って
思ってるかも。



 サンルーフとかタルガって、夏の昼間だろうが
ちょっと雨降りそうだろうが躊躇せずに開けられるのが
いいんだよねぇ。




 
[PR]
# by caymania | 2006-07-15 20:42 | struggle